見る・遊ぶ

「上川神社例大祭」恒例の露店、常磐公園へ場所を移して継続開催へ

30度を超える気温の中、露店の準備が進む常磐公園

30度を超える気温の中、露店の準備が進む常磐公園

  •  

 上川神社(神楽岡公園2)の「例大祭」に合わせ、毎年期間中に開催されてきた銀座仲見世通り(3条通13~17)での露店出店が、今年は7月20日~7月22日、常磐公園に場所を移して開催される。

浴衣姿もちらほら

 これまでは、「上川神社祭臨時露店実行委員会」が銀座仲見世通りでの露店出店を取りまとめてきたが、3条通を封鎖することへの苦情や、ごみ処理の負担などが、高齢化する役員に重くのしかかり、運営が難しくなった。同実行委員会は今年1月に解散し、同地区での開催中止を決めたことから、露店営業の運営が危ぶまれていた。

[広告]

 神社の3大祭である祈年祭、例祭、新嘗祭のなかで最も規模の大きな祭りである例大祭は、毎年7月20日に行われている。20日の宵宮祭に始まり、21日は例大祭(本祭)が行われ、21日・22日と「御神輿(おみこし)」も氏子(うじこ)区内を御神幸(ごしんこう=おみこしが出ること)になり、22日には本宮に戻り、後日祭が開催される。

 奉納神賑として「神楽岡『本宮』」で20日=「神楽舞」(20時15分~)、21日=「神楽舞」(13時~)、「無双直伝英信流居合道」(14時~)、22日=「よつば吟詠会『詩吟・詩舞』」(10時~)、獅子舞(本宮還輿の時)、雨紛囃子・神楽舞(13時30分~)、「常磐公園『頓宮』」で21日獅子舞(頓宮着輿の時)、「神楽舞」(16時~)、「市営和弓場『誠心館』」(旭川市花咲町3)で21日、「奉納射会」がそれぞれ行われる。