見る・遊ぶ

旭川美術館で江口寿史さんのイラストレーション展「彼女」  約400作品展示

「江口寿史イラストレーション展 彼女 ~世界の誰にも描けない君の絵を描いている~」フライヤー表面 (c) 2021 Eguchi Hisashi
 

「江口寿史イラストレーション展 彼女 ~世界の誰にも描けない君の絵を描いている~」フライヤー表面 (c) 2021 Eguchi Hisashi  

  • 16

  •  

 漫画家・イラストレーターとして活躍する江口寿史(ひさし)さんの作品を一堂に集めた企画展「江口寿史イラストレーション展 彼女 ~世界の誰にも描けない君の絵を描いている~」が7月10日から、北海道立旭川美術館(旭川市常磐公園内)で開催される。

「江口寿史イラストレーション展 彼女 ~世界の誰にも描けない君の絵を描いている~」フライヤー裏面 (c) 2021 Eguchi Hisashi

[広告]

 週刊少年ジャンプの「すすめ!! パイレーツ」(1977年)でデビューを飾り、「ストップ!! ひばりくん!」(1981年)など軽快なストーリーのギャグ漫画家としてヒット作を生み出してきた江口さん。その作品中の、キュートでクール、おしゃれな「女の子」像が瞬く間に人気となり、1990年代以降は創作の場をイラストレーションの世界へ。多くの広告やCDジャケットなどのイラストを手掛け、現代美人画作家として活躍している。

 40年以上にわたる創作活動で生み出してきたイラストレーションの中から、「江口さんがこだわり、果てなく追い求めてきた美しい女性像・少女像だけをピックアップした」という同展。時代を超えて愛される女性の美しさや青春の一コマを描いた、新作を含む約400作品を展示する。

 同館学芸員の佐藤由美加さんは「作品はとてもすてきな女性ばかり。江口寿史さんはとにかく絵がうまく、誰が見ても目がくぎ付けになる。江口ファンだけでなく、いろいろな方々に作品の魅力に触れていただけたら」と来館を呼び掛ける。

 開館時間は9時30分~17時(最終入館は16時30分)。月曜休館(8月9日は開館)。観覧料は、一般=1,200円(前売り1,000円)、高大生=700円(同500円)、中学生400円(同300円)。9月5日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース