天気予報

22

13

みん経トピックス

旭川生活応援商品券が再販売旭川西武で恒例お歳暮出陣式

旭川で3Dパノラマ・バーチャルリアリティ体験展示会

  • 0
旭川で3Dパノラマ・バーチャルリアリティ体験展示会

同社の三田社長と展示会イメージモデルの紗貴さん

写真を拡大 地図を拡大

 アッシュアトリウム(旭川市1条通7)で10月26日、「3Dパノラマ・バーチャルリアリティ体験会」が行われた。

ジェットコースターの3D映像を体験する男子高校生

 同会を主催したダブルエムエンタテインメント(札幌市)は、美唄市内の観光スポットなどをバーチャル体験できるスマホアプリの開発や、北広島市の「暮らし」「遊び」「子育て」に関する生活スポットを体験できるVR動画を使った移住・定住促進コンテンツを開発する。同サービスを幅広い事業分野で活用し、さらに面白さを多くの人に知ってもらいたいと同体験会を企画した。

 展示パネルには9つのQRコードがあり、自身のスマホで読み込むと美容室や居酒屋、北竜町のひまわり畑などの3Dパノラマ写真が展開。上下左右に自身が動くことで、その場にいるような体験ができる。その他、スマホをセットした箱型ゴーグルをのぞき込むことで、昨年開催された「さっぽろ雪まつり」、「メイドカフェ入店体験」、札幌北大周辺のイチョウ並木「紅葉サイクリング」、CGで制作された「ジェットコースター」の3D映像が体験できる。

 訪れた男子高校生は、ジェットコースターの映像をのぞき込み「すごい」「お~」と歓声を上げ、「今しか見られないから見た方がいい」と話していた。同社の三田健太社長は雪まつりの映像について「雪を見たことのない外国の人に見てほしい」と話す。映像は特殊なカメラで撮影・編集しているといい、「平たんな写真と違い、空間を切り取ることが良さ」とも。

 「例えば美容室がイメージとは違っていたとか、居酒屋で大部屋を予約したら4列で何十人も横並びの長い部屋だったなど、文章の説明だけでは分からないことを確認するのに活用してもらえれば」と呼び掛ける。

 11月に札幌や函館でも体験会を行う予定。

グローバルフォトニュース