暮らす・働く

「あさひかわ生活応援商品券」第2回発行へ 限定3万セット

  •  
  •  

 旭川市は11月1日に本年度2度目となるプレミアム商品券「あさひかわ生活応援商品券」の販売を行う。

 7月12日に総額6億円(うちプレミアム分1億円)発行され、販売場所によっては朝5時から行列ができたほどの人気となった同商品券。さらなる消費喚起を図るため追加発行を決めた。プレミアム率20%を付与し、発行総額3億6,000万円、発行総額3万セットを販売する。

[広告]

 商品券は1,000円券12枚つづりの1セット額面1万2,000円を1万円で販売。障がいのある人を対象に事前予約販売も行う(対象は身体障がい者手帳1~4級の人)。発行部数は1300セット(1人1冊)で、10月29日まで予約を受け付ける。

 当日は9時から整理券を配布し、10時販売開始。売り切れ次第終了となる。旭川兵村記念館、ゼビオ旭川永山店、コーチャンフォー旭川店、まちなか交流館ショップ、ディノスボウル旭川、ウエスタン、イオン旭川駅前店、フィール旭川などで各1000冊、ドコモショップやダスキン、西武旭川店、中里メガネ、アモールショッピングセンター、旭川信用金庫などで各300~900冊、計49カ所で販売する。

 経済総務課と商工会の担当者は「前回は1人3冊まで購入可能なこともあり、用意した部数を上回って希望者に行き渡らない販売所もあった。協議の結果、今回は1人1冊にした。できるだけ多くの人に購入してもらえれば」と話す。

 購入は1人1冊まで。対象は18歳以上の旭川市民。市民であることが確認できる免許証や健康保険証の提示が必要。利用できる店は1204カ所(9月30日時点)。利用期間は2016年1月11日まで。問い合わせは旭川市地域活性化実行委員会事務局(TEL 0166-49-6080)まで。

  • はてなブックマークに追加