暮らす・働く

旭川通運、旭川駅側で熱気球係留 街の中心部で飛ばす奇跡のロケーション

街中や北彩都ガーデン、大雪山連邦を望むことができる気球体験

街中や北彩都ガーデン、大雪山連邦を望むことができる気球体験

  •  
  •  

 旭川駅側(旭川市宮下通12)で8月16日まで、「熱気球体験」が開催されている。

 旭川駅近く、都会のど真ん中で買物公園や北彩都ガーデンも見渡すことができる熱気球体験。宴会場やビアガーデン、旅行代理店や観光案内所などを備えた地上4階建ての「マルウンホール」(宮下通10)を5月に開業し、隣接地には地上7階建てで総客室数120室の温泉付きホテル「ホテルラッソグランデ旭川」を7月25日に開業した、旭川通運が主催する。

[広告]

 熱気球を固定する「係留飛行」で気球を飛ばし、約20~30メートルの高度まで上がることで、旭川の街並みや大雪山連邦を望むことができる。1回につき最大で大人4人まで乗れ、搭乗時間も含めて10分程度の「空中散歩」が体験できる。

 体験時間は6時~8時と10時~12時。搭乗料金は大人(中学生以上)=2,000円、子ども(3歳以上)=1,000円。予約不要。雨天・強風時は中止となる場合もあり。問い合わせは旭川まるうんトラベル(TEL 0166-22-8600)まで。

  • はてなブックマークに追加