3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

旭川市科学館の「恐竜展」 入場者数1万人突破でセレモニー

愛知県から北海道旅行へ訪れていた平松くんと祖父母の3人

愛知県から北海道旅行へ訪れていた平松くんと祖父母の3人

  • 0

  •  

 旭川市科学館サイパル(旭川市宮前1条3)で開催中の「恐竜の世界~史上最強の対決!ティランノサウルスVSトリケラトプス~」展の入場者数が8月6日に1万人を突破し、セレモニーが行われた。

恐竜の3D本が贈呈される

 7月18日より開催の同展は、全長7メートルのティランノサウルスと全長5メートルのトリケラトプスの復元模型をメーンに展示。同時開催中の3D映像で恐竜を学ぶ「飛び出す恐竜3D」の上映会も行列ができ、あっという間に定員数に達するなど盛況を見せている。小中学生を始め大勢の入場者が連日訪れ、同日1万人に達した。

[広告]

 記念セレモニーは恐竜展が行われている特別展示室前で開催。1万人目となったのは愛知県から北海道旅行へ訪れていた平松希理斗くん(13)と祖父母の3人。旅行雑誌を見て「楽しそうだったから」と同館を訪れたといい、事前に同科学館で恐竜展が開催されていることは知らず「良い記念となった」と話す。記念品として恐竜の3D本とハンカチが贈呈された。

 開催時間は9時30分~17時。入場料は、高校生以上=600円、小・中学生=300円、未就学児無料。9月23日まで。「飛び出す恐竜3D」上映会は8月18日まで。

Stay at Home