食べる 暮らす・働く

旭川冬まつり会場で「冬マルシェ」-ステージイベントやアクティビティーも

昨年のイベントの様子

昨年のイベントの様子

  •  
  •  

 旭橋河畔で2月6日から行われる第56回旭川冬まつり会場で、「冬マルシェ」が開催される。

昨年のイベントの様子

 「冬マルシェ」とは、旭川市内外より集まった36の飲食店によるグルメブース。地元旭川のラーメンや新子焼き、旭川しょうゆ焼きそば、「あったか旭川まん」など地元の味がそろう。道内外からは洞爺湖町、名寄、千歳、豊富町、士別、札幌、帯広、東京都、京都府、栃木県などから出店。各地の特色あるグルメが味わえるブースとなっている。冬まつり公式グッズの「ウルトラマン×あさっぴー」ピンバッジ3種を全て付けていると、同会場内冬マルシェと買物公園で「スペシャル応援サポーター」特典が受けられる。また、1冊1,000円で1,100円分利用できる「冬マルシェご利用券」を市内ホテル、道の駅あさひかわ、まちなか交流館などで販売する。 

[広告]

 大雪像ステージイベントでは、ライブ、トークショー、○×クイズ、ダンスステージ、YOSAKOIソーラン、市民ステージなど34のパフォーマンスも行われる。何ン田研二のなンだかンだ行っても北海道オールスターズが出演する「爆笑グリーンカーペット」や、やしろ優さんほかが出演する「スペシャル歌謡笑!」、laufenさん・Ricoさん・綾野ましろさんによる「Song for You」などラジオ局による公開録音も実施。期間中19時からは、プロジェクションマッピング「ULTRAMAN THE LIVE~光の国からみんなのために~」が夜の大雪像に照らし出される。

 冬ならではのアクティビティーも体験できる。タイヤチューブで雪面を滑走する「チュービングコーナー」や、スノーモービルで引っ張るラフティングボート・バナナボートに乗って雪の上を滑るコーナー(300円)、雪の巨大迷路、氷彫刻・ミニ雪だるま制作体験コーナーなどを用意。隣接する常磐公園では、雪上パークゴルフや道産子馬そり搭乗を体験できる。 

 冬まつり実行委員会担当者は「北国らしさを存分に体験してほしい」と来場を呼び掛ける。

 2月11日まで。

  • はてなブックマークに追加