見る・遊ぶ

旭川のカフェのミニギャラリーで水彩画展 はがき絵も展示

作品の前で笑顔の佐藤美智子さん

作品の前で笑顔の佐藤美智子さん

  • 0

  •  

 旭川のカフェ「BOOKMARK CAFE」(旭川市1条通8)のギャラリーで現在、展示企画「美智子の水彩画」が開催されている。

昭和の遊びをする子どもたちを描いたはがき絵

 趣味で水彩画を描いている佐藤美智子さんの作品を展示する同展。はがき絵を始めたことがきっかけで水彩画を習い、人物や風景などを描き始めた。今回は人物や動物などの水彩画6点、昭和の遊びをする子どもたちのはがき絵など15点を展示している。

[広告]

 佐藤さんは「日頃から人物や興味を持ったものを被写体に、はがき絵や水彩画などにして楽しみながら描いている。本格的なギャラリーを借りるのは敷居が高いが、こちらは手頃なスペースで街なかにあるので車が無くても足を運びやすく、作品を公開できてうれしい」と話す。

 同店は、これまでも知人やカフェ利用客にギャラリースペースを貸し出していたが、今年に入ってから展示作品の一般募集を始めた。同店ギャラリー担当の芳賀奈緒美さんは「商業施設内のカフェなので、不特定の方の目に触れ関心を持ってもらいやすい。カフェ壁面の展示スペースの他、オブジェの展示や小物の販売などでテーブルも利用できる。広すぎず適度なスペースなので、これまで作品を公開する機会のなかったアーティストやクリエーターの方に活用していただければ」と話す。

 営業時間は11時~18時30分。火曜定休。今月20日まで。