見る・遊ぶ

おかだ紅雪庭でもみじ狩り写真コンテスト ランチ割引も

第4回グランプリ受賞作品「秋粧」(池内嘉正さん)

第4回グランプリ受賞作品「秋粧」(池内嘉正さん)

  •  

 別名「紅葉館」と呼ばれるおかだ紅雪庭で、中庭の紅葉が美しい時期に写真を撮影して応募する「第5回 もみじ狩り写真コンテスト」が開催されている。

第4回準グランプリ受賞作品

 1933(昭和8)年に北の誉創設者の岡田重次郎宅として建築された洋館造りの建物を後世に残したいと始まったコンテスト。昨年は旭川市外からも含め50点以上の応募があった。10月28日の9時30分から1時間限定で、3,240円の特別御膳を2,500円で提供し、店内と中庭を撮影のために開放する(40人限定、3日前まで要予約)。

[広告]

 作品のテーマは「おかだ紅雪庭の紅葉の魅力が表現されたもの」。応募できる作品は未発表の作品で、カラー写真A4サイズのみ。プロアマ国籍問わず、応募料として1点500円(1人3作品まで)必要。

 応募された作品の中から、グランプリ1点(同店の食事券贈呈)、準グランプリ1点、旭川商工会議所会頭賞、北海道新聞社賞、みみずく賞、グラフ旭川賞、あさひかわ新聞賞、もみじ賞が選ばれる。審査は、一般社団法人旧岡田邸200年財団の理事会員による投票形式。もみじ賞は、おかだ紅雪庭の来店客の投票で決定する。応募作品は11月12日~12月18日に同店応接間で展示する。

 コンテスト実行委員の森田陽子さんは「今年はいつもの年より紅葉が早く、もみじが赤くなり始めている。今から85年も前に丁寧に建てられ、今も凜として美しい旧岡田邸は旭川市の貴重な歴史的建造物。写真を撮りながら素晴らしさを感じ、旧岡田邸をもみじ狩りと一緒に楽しんいただきたい。美しい写真をお待ちしている」と呼び掛ける。

 応募は店舗への持ち込みか郵送で受け付ける。締め切りは11月10日の15時(必着)。問い合わせは森田さん(TEL 090-5983-6955)まで。