食べる 見る・遊ぶ

旭川・き花の杜で1周年企画 新スイーツや「あさっぴー」登場も

あさっぴーが登場する他、ご当地ヒーロー龍神リョウガやパフォーマーによる大道芸も行われる。

あさっぴーが登場する他、ご当地ヒーロー龍神リョウガやパフォーマーによる大道芸も行われる。

  • 0

  •  

 き花の杜(旭川市南6条通19、TEL 0166-39-1600)で7月3日~5日、き花の杜1周年ありがとうまつり「一祭」が開催される。

 チョコレートをアーモンドガレットでサンドして、ダイヤモンドダストの輝きをイメージして作られた北海道銘菓「き花」を製造する旭川の菓子店「壺屋」が「遊べる、学べる、味わえる」をコンセプトに昨年オープンした「き花の杜」。「き花」の製造過程が観覧できる工場や、ガーデンを一望するカフェ、クラフト専門店、フラワーショップが並ぶ。

[広告]

 イベント期間中は「果肉ぎっしり生ゼリー」(7種類380円)、プレミアムメロン生ゼリー430円)を販売するほか、市民モニターと開発した2つの新スイーツ「3時のパン」(750円)と「北海道スパイスパイ」(990円)がデビューする。CAFE 文欒(ぶんらん)では好きなフルーツやソース、トッピングを選べる「夢のソフトクリーム」(400円)、通常の3~4倍サイズのBIGパフェ(1,500円、1日限定15食)を販売する。

 会場では、同店の1年を写真でつづる巨大壁画モザイクアートを展示するほか、サプライズイベントとして「フラッシュモブオーケストラ」も予定している。手作りマルシェ、縁日、上和生菓子作り体験、子ども限定で旭川シンボルキャラクター「あさっぴー」とのじゃんけん大会や、あさっぴー風船のプレゼントも行われる。

 開催時間は10時~17時(5日は16時まで、通常営業9時30分~19時)。