見る・遊ぶ 暮らす・働く

旭川市科学館で「春の科学館まつり」 常設展示室とプラネタリウムを無料開放

以前行われた科学館まつりの様子

以前行われた科学館まつりの様子

  •  

 旭川市科学館サイパル(旭川市宮前1条3 TEL 0166-31-3186)で4月29日、「春の科学館まつり」が開催される。

科学館まつりの様子

 「星・宇宙」「理科」「科学工作」「パソコン」「実験・工作」の項目の中から選んで参加できる、同館主催の継続型の科学教室「科学館クラブ」。その内容紹介と募集期間(4月24日~5月6日)に合わせて企画した同イベント。

[広告]

 当日は常設展示室とプラネタリウムを無料で開放する。アンモナイトの消しゴムづくり(1日11回)や「和の生キャラメル きなこ棒を作ろう」「木のキーホルダーを作ろう」「パソコンで名刺を作ろう」(それぞれ午前・午後)などが体験できる。プラネタリウムは10時・13時・16時台に一般番組「春の星空動物園」、11時・14時台に幼児番組「わんわんわん」、15時にドームシアター「エターナルリターン」を上映。そのほか、とどろく爆音とともに出来上がる瞬間を体験できる「どん菓子」の実演と試食会(1日5回)も行う。

 同館の事業担当スタッフは「常設展示室とプラネタリウムの無料開放以外にも、科学館クラブの各担当者が趣向を凝らすイベントも楽しんでもらいたい」と話す。

 開催時間は10時~16時30分。プラネタリウムは9時30分から先着順で全番組の整理券を配布。定員は各回170人。各イベントの体験は当日受け付ける。